現在、日本全国には鉄道網が張り巡らされています。
日本の殆どの場所に鉄道があり、それを使えば自動車などと違い渋滞に悩まされることもなく、目的地までたどり着くことが出来ます。
世界から注目が集まる日本のリニアモーターカーまた、長距離の移動には新幹線が使われ、飛行機よりも安く、夜行バスよりも快適に短時間で移動出来るものとして、地方出張などのサラリーマンの移動手段として長く利用されています。
その新幹線に代わるものとして期待されているのが、リニアモーターカーです。
リニアモーターカーは、リニアモーターによって駆動する鉄道車両のことであり、鉄輪式と磁気浮上式の二つがあり、近年ニュースで耳にするリニアモーターカーは後者のものです。
従来の物よりも速度が出るというのがその特徴であり、忙しい現代人にとって長距離を短時間で行えるというのは、とても魅力的なものです。日本では東京ー名古屋を40分で、東京ー大阪を最速67分で結ぶリニアモーターカーが建設される予定となっています。
日本の鉄道技術は世界でもトップのものであり、その技術がどうやってリニアに活かされるのか、世界の注目が集まる分野です。

チタンスプリングはサスペンション用のバネとして作られている。

自動ドアは安全性もしっかり考慮されています。

OEMを行う化工会社ではサンプルの生産も行っています。

Comments are closed.